投稿日:2022年3月24日

押さえておきたい!溶接の基礎

こんにちは。
富山市にある事務所と名古屋市にある営業所を拠点に、プラント配管工事を専門としているアイ・ディ株式会社です。
弊社はプラント配管工事を専門とし、お客様が求める配管の設計、溶接加工なども行っています。
現在多くのお客様よりご依頼を頂戴している状態です。
お客様から多くの信頼・支持を受け、もっと事業を拡大させたいという思いから新しく施工スタッフの募集を行うことになりました。
そこでより業務内容を理解していただくために、溶接加工の基礎をテーマにお話していきたいと思います。

溶接とはどのような加工方法?


溶接とは2つ以上の部材を熱や圧力を使用し、接合部を接着させ連続性のある部材にする作業のことを指します。
具体的な溶接のメカニズムは、以下の順で発生します。
1.溶接したい2つの部材の接合部を熱することで、部分的に液状に変化。
その結果、金属でできた部材の原子が動ける状態となり、異なる部材が混ざり合う。
2.原子同士が混ざり合った状態で液状になった部分がだんだん冷えていくと、動いていた原子が元に戻ろうと働き、動いていた原子と母体が結合しかたまり始めます。
3.混ざり合った部分が各々の母体を引き合うことで新たな結晶をつくり、溶接状態が完成するのです。

溶接加工の種類

溶接加工の種類は大きく分けて3つに分類されています。

アーク溶接

日本へ伝来した最初の溶接施工方法といわれています。
強い光と熱によって起こる放電現象「アーク放電」を利用し、溶接していく加工方法です。
よくテレビなどで見る、面を被って火花を散らしながら作業しているのがアーク溶接です。
アーク放電で発生する熱が10,000℃から16,000℃と高温な状態で作業するため、融点が高い特徴を持つ金属でも短時間で溶かすことができます。
高温であるが故に、作業時間が短くなるため、手早く作業することが求められます。

レーザー溶接

レーザーの光で金属を溶けさせ、接合する溶接方法です。
アーク溶接やガス溶接よりも、局部的かつ繊細な作業に向いています。
また利用する熱量が少ないため、溶接加工中に起きやすい変形や歪みを軽減できることが、最大のメリットでしょう。

ガス溶接

ガス溶接は、可燃性ガスと酸素が結びついて燃焼するときに発生する熱で金属を溶接する方法です。
アーク溶接に比べると発生する熱の温度がそんなに高くないため、溶接作業が長くなる傾向にあります。
しかし、温度調整がしやすいという点では、比較的加工しやすい溶接方法とも言えます。

溶接技術を使いこなす技術者に


いかがでしたか?
少しでも溶接加工について、ご理解していただけたでしょうか?
弊社では、さまざまな溶接技術を生かし、お客様の求めるプラント配管の設計・製作を行っています。
お客様のイメージした配管を具現化する、溶接工作員に興味はありませんか?
専門的な資格、知識は入社してからでも問題ありません!
興味とやる気があれば、必要な経験、知識は業務で身につけることができます。
ぜひ、モノづくりや技術関係の仕事に興味のある方は、弊社の求人にご応募くださいませ。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。

アイ・ディ株式会社
〒930-2205 富山県富山市金山新東83-4
電話:076-435-2211 FAX:076-435-2157

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【求人募集】一生モノのスキルを身につけよう

【求人募集】一生モノのスキルを身につけよ…

こんにちは!アイ・ディ株式会社です。弊社の主力業務は、プラント配管工事です。富山市に本社及び工場を名 …

溶接工にチャレンジしたい気持ちがあれば飛び込んできて下さい!

溶接工にチャレンジしたい気持ちがあれば飛…

こんにちは!富山県富山市のアイ・ディ株式会社です。弊社は、富山県富山市に本社を、愛知県名古屋市に営業 …

【溶接工・求人】働きやすい環境を整えて皆さまをお迎えいたします。

【溶接工・求人】働きやすい環境を整えて皆…

こんにちは!アイ・ディ株式会社です。弊社は、富山県富山市に本社を、愛知県名古屋市に営業所を構え、配管 …